73歳で入学式

タレントと言っていいのでしょうか?萩本欽一さん73歳が昨日駒沢大学に入学しました

お笑い界からも引退し、舞台公演も止めてしまいましたよね

もちろん体力的にもしんどかったのでしょうね

しかしなぜいま大学入学なのか?昔からの本人の希望もあったみたいですが

昨日いの言葉が印象的でした!

「ボケが始まってマイナスが大きいのならば、プラスを加えたらゼロになる」

言われたら当たり前のことなんだろうけど、それを実行するのがさすがですよね

なんでも欽ちゃんは昔チャップリンに会いにスイスに行ったんだとか

もちろんアポなしで言葉も分からないけれど、合わせてくれと家を毎日訪問したらしいんです

訳の分からない東洋人が門で叫んでいると門前払いだったんだけど

帰らなくてはいけない7日目になんと本人と会えたらしいんですね

それだけ行動力が有るという事の証明でしょう

行動を起こさずに考えているだけなら決してプラスにはならない、彼の人生訓なのでしょうね

ネットでお店を開いて商品を売って儲ける、誰もがホームページを持ってる今の時代は誰もが考えることで

もちろん個人商店から大企業まで同じことですよ

しかしそんな簡単には儲からないし、そのやり方すら分からない人も多いでしょ

誰もが気にいれば同じものを使い続ける、これをリピーターというのですがこれに目を付けた通販が有るんで

一つの物を扱って儲けられるのはその中でも10%以下、やっぱりそのノウハウは大事なんですね

儲けるための考え方にやり方は単品リピート通販におしえてもらうのがやっぱり近道

まずは儲けるためには習う事が大事なことですね

上島珈琲

今日京都大丸の西側に有る上島珈琲に行ってきました

このお店昔娘がアルバイトをしたという事も有ってそれ以降ちょくちょく行くんですよね

それに2回が喫煙可能スペースになっていてちょっとゆっくりできるんです

最近では煙草を吸うのも気を使わなくてはいけないし、禁煙禁煙で全く吸えない時だって有りますからね

私に言わせたら、たばこ税というものを払っているしちょっとした高額納税者のはず

なのにこれだけ虐げられるのはおかしいんですよね

嫌煙権が有るのだったら喫煙権だって有るはずでしょう、ただマナーの問題になってしまうのでしょうけどね

この上島珈琲で飲んだのは季節限定のチョコレートこーヒーのようなもの

名前は忘れてしまったんですが、たとえればウインナーコーヒーのようなものです

高校時代このウインナーコーヒーが好きで、喫茶店に行っては良く飲んでいました

コーヒーなのに甘かった、だから好きだったんでしょうね

でも今飲むとやっぱり甘すぎ!すぐに奥さんが飲んでいたブレンドと交換してしまいました

一口二口飲むのだったら美味しいのでしょうけどね

季節限定という言葉に魅かれてしまったけれど、なぜ限定という言葉に弱いんでしょうねw

人間一寸先の事は分からないものです、だから占いというものが有るのかもしれません

少しでも良い将来をを考えたいから神頼みというものあるんですね

何かの方向を示してほしいと思うから新聞や雑誌の占い欄を見てしまうんでしょうね

でもそんなものは正直何にもなりません、やっぱり一人一人にあった占いが有るんですよね

恋愛や子供の事とか将来の事で何かのきっかけが欲しいと思う人は電話占いに一度電話して欲しいですね

小6で家出?

石川県の能見市で不可解な事件が起こりました

小学校6年生の児童が行方不明になっているんです

夜中の1時半に近所のコンビニで飲み物を買っている姿がカメラに写っていたんですが小6ですよ?

のどが渇いたのならば自宅の冷蔵庫に何か入っているでしょう

それ以降この児童が消えているんです

父親が9時半に家で子供の姿を見ているし、それ以降に一人で出歩いた?

普段使っている自転車もそのままだったようだし、やっぱり何か事件なのでしょうか?

日本海側といったらすぐに思ってしまうのが北朝鮮の拉致問題

この期に及んでまだ拉致を続けているとは思いたくないけれど、意味不明な国ですからね

それにやっぱり思うのが殺人とか拉致された可能性ですよね

そもそもこんな時間になぜ子供が一人でコンビニに行っているのか?常習的?

私の小学校6年生というイメージとは最近はかけ離れているのでしょうか?

夜中に女性が一人で歩いていても事件があまり起こらないという日本だからなのでしょうか?

単に家出であって欲しいという気もしますよね

安全な国の日本だけど、やっぱり変な人が増えてきているのも事実

無事であって欲しいですね

社会人になって一戸建てとかマンションとかを購入、まずは根を張ることが大事ですよね

だけど今のご時世終身雇用でもないし勤続年数が長くなるほど給料が上がるという事もありません

いきなり給料ダウンで住宅ローンが払えなくなる事も良く聞くようになりました

いきなり住むところが無くなるなんて・・・・そんな時は住宅ローン 払えないを参考にして欲しいですね

車査定はネットで簡単

車を手放すとなったときに査定額って気になりますよね。
誰だって少しでも高く買い取ってもらえるところに持って行きたいって思うのは当然のことです。
高く買い取ってもらえたかどうかなんて、素人にはわからないですもんね。
買い取り価格にも相場があるのでそれを知っておいて買い取り業者に持っていくといいですね。
今はネットでなんでも調べられますからね。
車査定、もしくは車買取査定でネットで検索するとサイトを発見できます。
自分の車の情報を入力して検索すると大体の書き取り額がでてきますからね。
その価格から実際に車を見て高くなるか低くなるかは、わかりませんけどね。
しかし、相場がわかっていれば業者に持って行った時にその買い取り価格が高いか安いかがわかりますもんね。
交渉もしやすくなりますもんね。
せっかくこれだけネットが普及しているのですから賢く利用してみるといいですね。
相場を知らないばっかりに折角高額査定を出してもらってるのに自分はもっと高くしてほしいとおもって他に行ってしまい、失敗するなんてこともありますからね。
査定額がわかったら自分なりに妥協点を作っておくといいのかもしれませんね。
なーんて言っても、やはり少しでも高く買い取ってもらえたら嬉しいんですけどね。
人間はよく深いですもんね。

一番車を高く売る方法とは?

自分の愛車を売るときになると、少しでも高く買ってくれるような業者を探すと思います。
しかし、業者は基本的に少しでも安く車を購入して、高く売りたいと思うものです。
さらに、損をするということを避けますので、かなり低めに査定金額をつけてきます。

もちろん、これが市場の原理になっていますので、どうしても避けられない問題です。
いろいろな情報を調べたり、中古車屋にも行ってみて、車を高く売るための秘訣を学びました。
それは自分で、ヤフーオークションなどを使い、車を売ってしまうというものです。
実際に、ヤフーオークションを見てみると、かなりの数の車が出品されていますので、以前よりもずっと車をオークションで販売することに抵抗がなくなってきているようです。

オークションの価格を見てみると、自分が以前に売った車と同じ程度の車が20,30万も高く取引されていました。
中古車屋に売らなければ良かったという後悔でいっぱいでした。
しかし、自分で売るという方法にはリスクもあります。

売った後のクレームなども自分で処理しなければならず、時に取引が大きなトラブルを引き起こすこともあります。
とはいえ、かなり高い金額で売ることができるので、とっても魅力的です。

緊張してる隣で中古車査定の話しないで~

只今、車の免許を取りに教習所に通っております。
この時季は学生も少なくおすすめと言われ、その通りキャンセル待ちなどしなくてもいつも乗れます。

三十路で免許取りに来る人なんて私くらいかと思ってましたが結構年配の人もいます。
こないだ、明らかにおじいちゃんがいたので驚いたら高齢者教習でした(笑)

今週、初めての高速道路教習でした。もう前の晩から緊張しっぱなし。
首からお守り下げて挑みました。お守りは恥ずかしいから見えないようにして(笑)

高速道路に行く道中、初めての道だし既にドキドキしている私。
その日の担当はマイペースな教官。怖い人よりは良いけど、緊張感なく話しかけてくるのに参りました。

ずっと「〇〇さん、車どんなの買うの?」とか「車売る時は中古車査定に裏ワザがあるよ」とか言うんです。
いやいやいや、とてもそんな話に耳傾ける状態じゃないし、免許取っても無いのに車売る想像なんか無理!

何とか無事に高速に乗り、パーキングエリアで教官がコーヒーを奢ってくれました。
「で、裏ワザって何ですか?」って聞くと「一括査定見積もりってのがあるんだよ。詳しくは免許取れてからね」だって!
じゃ、最初から免許取れてから話してくださいった感じ!やっぱりマイペース過ぎる教官だ!

車を高く売る査定とは

車を高く売りたい。

それは車を持っている人なら誰もが思っていることです。

ただ、そうは思っていても、実際に高く売れるかというとは

そうではないケースも多いんですよね。

車の買取に一番ポイントになるのは言うまでもなく、査定です。

査定によって車の商品価値が決まり、取引されるからです。

査定は業者がプロの目で細かいところまでチェックします。

もしかしたら自分では気がつかなかった部分を指摘されてしまうかもしれません。

ただ、逆に言えばそれはあくまでもその業者の判断基準ということです。

だから、車を高く売る査定をしてもらう時は1社だけではなく、いくつかの業者、

複数のところで査定してもらうのが安心です。

しかし、査定となると実際に車を持っていかなければならない。

それが一般的です。

そうなると業者のい数を増やす分、手間も時間もかかります。

そういうときこそ、ネットで話題の一括車査定サイトなどを使いましょう。

基本的に査定はインターネット上で行われるこのシステムは、

必要事項を記入して、それを見た業者が査定を行います。

現物を見ていないからわからないというのではなく、

そういうシステムに慣れている業者なので、ある程度の正確な表示が期待できます。